天気予報を見る
 
新聞購読申込

高知で体内に18年間ガーゼ/県立病院

2013/01/31 18:22

 高知県立幡多けんみん病院(同県宿毛市)は31日、県内の60代女性の体内にガーゼが放置されているのが見つかり、摘出したと発表した。1994年の手術で使用し除去を怠り、18年間放置されていたとみられる。同病院は「女性にガーゼが原因の体調不良などはなかった」と説明している。

 同病院事務部によると、女性は昨年8月に外来を受診。CT画像にガーゼの影が映っており、同10月に摘出手術をした。94年の手術中、ガーゼ枚数の確認に誤りがあったと考えられるという。

 ガーゼの放置された場所などに関し、病院側は「女性の意向」として非公表とした。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.