天気予報を見る
 
新聞購読申込

「がん幹細胞」攻撃の新薬治験へ/大日本住友製薬

2013/01/24 21:27

 大日本住友製薬(大阪市)は24日、がんの元になるとして近年報告が相次ぐ「がん幹細胞」を攻撃する新しい抗がん剤の治験(臨床試験)を、国内で始める計画を明らかにした。大腸がんを対象に近く厚生労働省に申請する予定で、実用化されればこの種の薬では初めてという。

 がんは従来、遺伝子に異常が生じて正常な細胞が変化、増殖すると考えられてきた。だが近年、さまざまな細胞になったり自分で複製したりする能力を持った微量のがん幹細胞が存在し、手術や抗がん剤治療後も再発してしまう原因になるとの説が注目されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.