天気予報を見る
 
新聞購読申込

愛知県で福祉医療見直しへ/費用増と財政難で

2013/01/24 21:00

 愛知県は、県と市町村で全額負担している子どもや障害者などの医療に対し、一部負担と所得制限を設ける方針を決め、24日に県議会各会派に見直しの素案を示した。一部負担は14年度、所得制限は17年度の導入を目指す。

 これまで愛知県の福祉医療は「全国トップレベル」(関係者)だったが、08年のリーマン・ショック以降の税収減で県財政が厳しい中、高齢化や1人当たりの医療費の増額で費用が年々増え、見直しを決めた。

 素案は、負担金について、通院1回300円、入院1日100円など3案を提示。所得制限は既に導入している他県と同様の基準とした。導入後も9割以上が助成対象となる。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.