天気予報を見る
 
新聞購読申込

iPS細胞での毛再生に道/慶応大チーム

2013/01/23 21:05

 iPS細胞を使って再生させた毛包の顕微鏡写真(慶応大医学部皮膚科学教室提供)
 iPS細胞を使って再生させた毛包の顕微鏡写真(慶応大医学部皮膚科学教室提供)

 慶応大医学部の大山学専任講師(皮膚科学)らの研究チームは23日、人間のiPS細胞を利用し、毛をつくったり支えたりする「毛包」を部分的に再生する実験に成功したと発表した。脱毛症に対する新しい治療の開発に向け、可能性が示せたとしている。

 毛包は毛穴より下にある組織。主にケラチノサイトという皮膚細胞でできた筒の形をしており、底部分に発毛の命令を出す毛乳頭細胞がある。

 チームは人間のiPS細胞をケラチノサイトになる手前まで成長させ、毛乳頭細胞と同じ働きをするマウスの幼若線維芽細胞と混ぜてマウスの皮膚の下に移植。2〜3週間後に毛包のような構造や、毛ができたという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.