天気予報を見る
 
新聞購読申込

山中教授、厚労相に支援要請/iPS「臨床研究の段階」

2013/01/17 18:12

 ノーベル賞のメダルを田村厚労相(右)に披露する山中伸弥京都大教授=17日午後、厚労省
 ノーベル賞のメダルを田村厚労相(右)に披露する山中伸弥京都大教授=17日午後、厚労省

 ノーベル賞を受賞した山中伸弥京都大教授が17日、田村憲久厚生労働相を訪問し、人工多能性幹細胞(iPS細胞)を用いた再生医療研究について「厚労省の協力が必要な臨床研究の段階に入ってきた」と述べ、より一層の支援を求めた。

 山中教授は「iPS細胞は、薬の開発への期待も大きい」と、新薬開発への重要性も強調。田村氏は「研究はすごいスピードで進んでおり、医療への期待は大きい」と応じた。

 山中教授はその後、山本一太科学技術担当相に会い「わが国の将来を支える科学全体を底上げしてほしい」と要請。山本氏は「オールジャパン体制で国民の幸せや経済活性化につなげたい」と述べた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.