天気予報を見る
 
新聞購読申込

水俣病公的検診の改善要請/被害者団体「手法などに疑問」

2013/01/17 14:02

 熊本県に申し入れ書を提出する水俣病不知火患者会の大石利生会長(右)=17日午前、熊本県庁
 熊本県に申し入れ書を提出する水俣病不知火患者会の大石利生会長(右)=17日午前、熊本県庁

 水俣病不知火患者会(熊本県水俣市)は17日、水俣病の被害者救済のため熊本県などが行っている公的検診に問題があるとして、県に改善を申し入れた。

 水俣病特別措置法による国の救済策の適用を求める人は、県が指定する医療機関で救済対象になるかどうかの検診を受けなければならない。

 だが患者会によると、医師によって水俣病の症状を確認するための検査が不十分だったり、感覚障害の有無を調べる際、皮膚につまようじを強く当て過ぎて出血させたりした例があるという。

 患者会は「検診の手法や公平性に疑問がある」とし、統一した検診マニュアルの作成などを求めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.