天気予報を見る
 
新聞購読申込

除染で20ポイント低減促進か/福島原発周辺の放射線量

2013/01/16 13:58

 東京電力福島第1原発周辺で、1年間に放射線量が50%以上低下した地点があり、その多くは除染などの対策を実施していたとの分析結果を、原子力規制委員会が16日、公表した。全体的には30%程度低下しており、除染などにより20ポイント程度の上乗せ効果があったとみられる。

 対象は原発の半径80キロ圏内の741地点。2012年8〜9月に測定した線量を11年6〜7月の線量と比べた。

 全体的な線量低下は、放射性物質が自然に減ったり雨で流されたりしたためと考えられる。45地点は線量が50%以上下がっており、このうち39地点では除染や地面に砂利を敷くなどの対策をしていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.