天気予報を見る
 
新聞購読申込

5校が災害看護の共同大学院/兵庫県立大や千葉大など

2013/01/11 12:49

 兵庫県立大など看護を専門とするコースを大学院に持つ全国の5大学が、大規模地震などの発生時に活動する災害看護の専門家を育成する共同大学院の創設を検討していることが11日、関係者への取材で分かった。

 救命救急だけでなく、心のケアや生活支援など長期の被災地支援に取り組み、海外でも活躍できる人材を育てることが狙いという。

 5大学は兵庫県立大のほか、東京医科歯科大、千葉大、高知県立大、日本赤十字看護大。2014年度の大学院開校を目指す。

 関係者によると、修士、博士課程の5年間で共同教育課程を置く。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.