天気予報を見る
 
新聞購読申込

白血病になりやすいiPSを作製/慶応大などが発表

2012/11/29 08:58

 慶応大、弘前大、広島大などの研究チームは29日までに、白血病になりやすい遺伝的な特徴を持つ人の人工多能性幹細胞(iPS細胞)を作製したと発表した。

 通常のiPS細胞と同様、さまざまな細胞に成長させることができるが、血液細胞への細胞分化については障害が起きやすいことを確認。白血病の発生メカニズムの研究に利用できるという。新薬や早期診断法の開発につなげたいとしている。

 慶応大の中島秀明准教授(血液内科)らは「血小板異常症」という病気を高い割合で発症する、世界でも30しか見つかっていないまれな家系の3人から血液の提供を受けた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.