天気予報を見る
 
新聞購読申込

うつ病など初の減少/患者95万人

2012/11/27 21:11

 厚生労働省が27日公表した2011年患者調査では、うつ病を含む「気分障害」の推計患者数が95万8千人となり、現在の形での統計がある1996年以降、初めて減少した。

 気分障害で入院したり、医療機関を外来で受診したりした患者数は96年が43万3千人、99年も44万1千人とほぼ横ばいだったが、02年は71万1千人に急増。前回の08年調査では104万1千人で、初めて100万人を超えていた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.