天気予報を見る
 
新聞購読申込

神経再生し脊髄損傷改善の効果/富山大グループが化合物

2012/11/27 17:42

 富山大和漢医薬学総合研究所(富山市)の東田千尋准教授(神経機能学)らの研究チームが「デノソミン」という化合物を作り、この中に神経細胞の一部を再生させ、脊髄損傷による運動機能まひを改善させる効果があることを発見、27日までに英科学誌に発表した。

 東田准教授は「新しい物質からユニークな作用を見つけられた。慢性的な脊髄損傷の治療の手掛かりにしたい」と話している。

 チームはインド生薬の成分をもとに作り、マウスを使って実験。脊髄損傷で後ろ足がまひしたマウスにデノソミンを2週間投与した結果、神経の線に当たる軸索が再生し、運動機能が改善したことを確認した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.