天気予報を見る
 
新聞購読申込

ニプロ、iPS細胞を大量生産/京都大と自動培養装置開発

2012/11/22 19:34

 ニプロと京都大が共同開発した、iPS細胞やES細胞などの自動培養装置(ニプロ提供)
 ニプロと京都大が共同開発した、iPS細胞やES細胞などの自動培養装置(ニプロ提供)

 医療機器メーカーのニプロ(大阪市)と京都大は22日、さまざまな組織や臓器の細胞になる能力がある人工多能性幹細胞(iPS細胞)や胚性幹細胞(ES細胞)などを自動で大量生産できる培養装置を共同開発したと発表した。

 一般的に使われる培養皿ではなく、閉鎖された袋状のバッグの中で培養するため、雑菌などが混入するリスクを減らせ、効率良く安定した品質で大量生産できるとしている。研究機関など向けに2年後の販売開始を目指す。

 装置は幅237センチ、高さ165センチ、奥行き80センチで、培養バッグの内側の表面で細胞を培養する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.