天気予報を見る
 
新聞購読申込

政府、介護ロボット開発費を助成/移動や排せつ支援

2012/11/22 17:59

 厚生労働省と経済産業省は22日、お年寄りや介護する家族、施設の職員の負担を軽減する「介護支援ロボット」の開発にかかった費用の一部を公費で助成することを決め、具体的な種類を公表した。

 介護の現場では腰痛に悩む人が多いほか、トイレのにおいが不快で気軽に使えないといった声もあがっているため、車いすへの移動や排せつなどを支援する4種類のロボットを指定した。

 両省は2013年度予算の概算要求で開発費などに計約33億4千万円を計上しており、一部を助成に充てる考えだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.