天気予報を見る
 
新聞購読申込

理研、iPS細胞の臨床「適正」/倫理委を通過、目の病気が対象

2012/11/19 19:31

 理化学研究所の倫理審査委員会は19日、高橋政代プロジェクトリーダーらによる人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った臨床研究の計画を「適正と判断」したと発表した。滲出型加齢黄斑変性という目の病気が対象となる。

 臨床研究の共同研究機関で、手術を実施する病院のある先端医療センター(神戸市)では21日に倫理審査委員会が開かれる予定。病院でも認められれば、厚生労働省での審査に進む。研究の開始は2013年度を見込んでいる。

 滲出型加齢黄斑変性は、目の網膜の深部にある色素上皮が異常な血管の侵入によって傷み、視力が急速に落ちる病気。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.