天気予報を見る
 
新聞購読申込

環境研が鳥インフル侵入地図作成/感染の被害防止に期待

2012/11/15 20:07

 国立環境研究所(茨城県つくば市)は15日、渡り鳥に運ばれて鳥インフルエンザウイルスが海外から侵入するリスクが高い地域を示した地図を発表した。

 危険性の高い地域の監視を強化すれば、早期発見が可能になると期待され、チームの五箇公一主席研究員は「飼育されているニワトリなどへの感染被害防止や、絶滅危惧種の保護につながれば」と話している。

 チームは、ウイルスが渡り鳥のマガモなど、主に草食のカモ類によって運ばれることや、標高が低く、湖や沼地に近いという環境条件を満たした地域で野鳥の感染例が多く報告されていることに着目して、ウイルス侵入の危険性を示した地図を作った。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.