天気予報を見る
 
新聞購読申込

生活保護の医療費負担に賛成7割/医師千人に調査

2012/11/13 16:32

 生活保護費の半数を占める医療扶助(医療費)について、医師の約7割が生活保護受給者も一部自己負担をすべきだと考えていることが、医師向け情報サイトを運営するケアネット(東京)の調査で分かった。

 10月にネットを通じて会員医師千人から回答。

 一部自己負担に「賛成」は73・1%。「違った方法を考えるべき」15・6%、「現状のままで良い」11・3%と続いた。

 「違った方法」については、過剰受診、処方薬の転売などの不正を防ぐため受診施設を限定する意見があった。

 同受給者にジェネリック医薬品(後発薬)の使用を義務付けることに「賛成」は54・1%、「現状のままで良い」は28・9%。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.