天気予報を見る
 
新聞購読申込

たばこ密輸防止、議定書を初採択/ソウルでWHO条約会議

2012/11/12 12:12

 ソウルで開かれたWHOの「たばこ規制枠組み条約」の第5回締約国会議=12日(共同)
 ソウルで開かれたWHOの「たばこ規制枠組み条約」の第5回締約国会議=12日(共同)

 【ソウル共同】たばこによる健康被害の低減を目指す世界保健機関(WHO)の「たばこ規制枠組み条約」の第5回締約国会議が12日、ソウルで6日間の日程で始まり、たばこの密輸や偽造など不法取引を防止するための国際的な取り決めに関する議定書を全会一致で採択した。議定書は条約と同じ法的拘束力を持ち、採択されたのは2005年の条約発効後、初めて。

 会議では、たばこ需要を減らすため、空港などの免税店での販売禁止を勧告するガイドラインの採択も目指す。

 たばこの不法取引は、欧米諸国による大幅な税率引き上げなどを背景に、税金逃れのため横行。WHOの推計によると、世界で年間500億ドル(約4兆円)の税収が失われている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.