天気予報を見る
 
新聞購読申込

水戸、術後ガーゼ放置19年/国立病院機構水戸医療センター

2012/11/10 17:31

 茨城県茨城町の国立病院機構水戸医療センター(500床)で手術を受けた男性患者の鼻の奥に、医療用ガーゼが19年間にわたり放置されていたことが10日、情報公開請求で開示された医療事故報告書と病院関係者への取材で分かった。

 病院側は、個別の医療事故について「コメントできない」としている。

 病院関係者や医療事故報告書によると、男性患者は1991年、同センターで鼻などの手術を受けた。2010年1月、強い痛みを感じて別の病院で検査し、ガーゼの一部が見つかった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.