天気予報を見る
 
新聞購読申込

サウジで新ウイルス感染3例目/容体は回復

2012/11/05 10:08

 【カイロ共同】国営サウジ通信によると、サウジアラビア保健省は4日、新型肺炎(SARS)を引き起こすウイルスと同じ仲間であるコロナウイルスの新種に、首都リヤドのサウジ人が感染していたことが確認されたと発表した。

 この新種への感染確認は、ことし死亡したサウジ人、サウジを訪れたことがあるカタール人に次いで世界3例目。

 患者はリヤドの病院を訪れ、検体を国内外で調べて感染を確認。保健省は「適切な治療を受けて回復した」としている。患者はリヤド周辺を離れたことはないという。体調不良を訴えた時期などは不明。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.