天気予報を見る
 
新聞購読申込

山中氏、iPS備蓄に指針整備を/首相に訴え

2012/11/02 21:32

 政府の総合科学技術会議で野田首相(左)の話を聞く山中伸弥京都大教授=2日午後、首相官邸
 政府の総合科学技術会議で野田首相(左)の話を聞く山中伸弥京都大教授=2日午後、首相官邸

 人工多能性幹細胞(iPS細胞)の発見でノーベル医学生理学賞に決まった山中伸弥京都大教授が2日、政府の総合科学技術会議(議長・野田佳彦首相)で講演し「現在の国の研究指針は、再生医療用にiPS細胞を備蓄することを想定していない」と指摘し、安全規制上の課題を解決するよう訴えた。

 これに対し野田首相は「(iPS細胞を使った医療製品の特性に応じた規制ができるよう)薬事法を改正するとともに、安全規制面の整備と倫理面を検討する」と応えた。野田首相はさらに、研究を支援する人材確保を進めることも指示した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.