天気予報を見る
 
新聞購読申込

米国の西ナイル熱死者41人に/流行さらに拡大

2012/08/23 09:04

 【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は22日、蚊が媒介する西ナイル熱による今年の死者数が41人に達したと発表した。感染例は47州で1118件に拡大し、米国で1999年に初の感染例が出て以来、最大の流行となる恐れが出ている。

 8月のこの時期としてはこれまでで最も感染例の報告が多い。半数が南部テキサス州に集中し、ほかに多いのはミシシッピ、ルイジアナ、サウスダコタ、オクラホマの各州。殺虫剤を散布して蚊の駆除を試みている地域もある。

 ほとんどの人はウイルスを持った蚊に刺されても重い症状が出ないが、高齢者などが重症化すると高熱や脳炎を引き起こすことがある。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.