天気予報を見る
 
新聞購読申込

集団感染、新たに90代2人死亡/O157は検出されず

2012/08/16 13:57

 北海道の高齢者施設で発生した腸管出血性大腸菌O157の集団感染で、道は16日、江別保健所管内の同じ施設に入居し、腹痛や下痢などの症状を訴えていた90代の女性2人が死亡したと発表した。O157は検出されなかった。札幌市内でも15日、O157が検出された80代の女性が死亡し、集団感染をめぐる死者は5人になった。

 道によると、2人は1日、集団感染の原因食品と断定された岩井食品(札幌市西区)の白菜の浅漬けを食べていた。2人は肺炎などで16日午前、死亡した。この施設では、女性2人を含め14人が症状を訴え、うち5人からO157が検出されている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.