天気予報を見る
 
新聞購読申込

難病ALS制御のタンパク質発見/岐阜薬科大などのグループ

2012/08/13 00:00

 全身の筋力が低下する神経難病、筋萎縮性側索硬化症(ALS)の進行を制御する新たなタンパク質を岐阜薬科大(岐阜市)の原英彰教授(薬効解析学)らの研究グループが特定し、13日、英科学誌電子版に発表した。

 原教授によると、ALSの発症メカニズムの解明や新薬開発の手掛かりになるほか、早期診断が期待できるという。

 グループは、ALSの要因に「膜貫通糖タンパク質nmb」(GPNMB)と呼ばれる遺伝子が関わっていることを発見。

 ALSの約1割を占める遺伝性ALSの原因の一つの変異型遺伝子を組み込んだマウスにGPNMBを過剰に増やした場合、発症時期が遅れ、生存期間が延びた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.