天気予報を見る
 
新聞購読申込

心筋梗塞後の突然死防ぐES細胞/信州大、動物で効果確認

2012/08/06 18:46

 ヒトの胚性幹細胞(ES細胞)から作った心筋細胞をモルモットに移植すると、心筋梗塞の患者の突然死を引き起こす不整脈の予防効果が確認できたと信州大医学部(長野県松本市)の研究グループが6日発表した。同日付の英科学誌「ネイチャー」に掲載された。

 信州大で記者会見したグループ代表の柴祐司助教によると、心筋梗塞の発症歴がある患者は、突発的に脈が極端に速くなって死に至ることが多い。柴助教は「突然死を減らすことにつながる結果だ。サルなどの動物でも実験し、人への応用を目指したい」と話した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.