天気予報を見る
 
新聞購読申込

特定神経回路の狙い撃ち方法開発/京大霊長類研

2012/06/26 07:02

 脳神経の中で特定の神経回路だけを狙い撃ちして死滅させる方法を、京都大霊長類研究所(愛知県犬山市)の高田昌彦教授らの研究チームがサルへの実験で開発、パーキンソン病などに関わる部位への使用に成功したと、26日、米科学誌電子版に発表した。

 高田教授は「パーキンソン病など特定の神経回路の活動異常で起きる神経疾患や精神疾患の治療に新たな選択肢が生まれる可能性がある」と話す。

 パーキンソン病などの遺伝子治療には、病気に関わる特定の神経回路の除去や遺伝子の導入が有効とされるが、神経細胞は複雑に絡み合って回路を形成。特定部位への遺伝子注入では副作用が出ることがあった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.