天気予報を見る
 
新聞購読申込

自閉症、表情より言葉重視/東大チーム、米科学誌に発表

2012/06/23 13:18

 自閉症の人は相手が友好的かどうかを判断する際、表情より言葉の内容を重視する傾向があり、この傾向に「内側前頭前野」という脳の領域が関わっていることを、東京大の研究チームが米オンライン科学誌プロスワンに23日発表した。

 人とうまく意思疎通できないコミュニケーション障害の客観的な診断法や新たな治療法の開発につながる成果という。

 知的障害のない自閉症と診断された成人男性15人が調査に参加。「ひどいね」など否定的な言葉を俳優が明るく笑顔で話している画像と、「素晴らしいね」など肯定的な言葉を嫌悪感を示す表情と声音で話している画像を見せて比較。脳活動の変化を機能的磁気共鳴画像装置(fMRI)で測定した。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.