天気予報を見る
 
新聞購読申込

胆管がん問題、業界が再発防止策/マスクの着用や換気の徹底を

2012/06/22 21:03

 大阪市にあるオフセット校正印刷会社の元従業員らが胆管がんを発症した問題で、日本印刷産業連合会(東京)が、傘下の企業を対象にマスクの着用や作業場での換気の徹底を求めるなど再発防止策を本格化することが22日、分かった。

 安全対策の説明会や勉強会を札幌、仙台、福岡など全国7カ所で開いたり、化学物質の取り扱い方法を記したパンフレットを作成したりすることも検討している。

 同連合会は「安全対策を適切に行えば健康障害は起きないはず。一刻も早く関係者の不安を取り除きたい」としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.