天気予報を見る
 
新聞購読申込

悪性リンパ腫の治療効果に差/ウイルスの血中遺伝子量

2012/06/19 18:34

 通常の抗がん剤がほとんど効かない悪性リンパ腫「NK細胞リンパ腫」に有効な治療法「SMILE療法」は、リンパ腫の腫瘍に含まれるウイルスが血液中に出した遺伝子の量が少ないほど治療効果が大きく、副作用も出にくいことを、名古屋大医学部・医学系研究科の鈴木律朗准教授らの研究チームが突き止め、米専門誌に19日までに発表した。

 SMILE療法は、NK細胞リンパ腫に5種類の抗がん剤を投与する治療法。効果は高いが、白血球の減少や肺障害などの副作用が出ることがあった。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.