天気予報を見る
 
新聞購読申込

正常な脳神経回路作る鍵物質/京大解明、再生医療応用も

2012/06/13 06:00

 脳内で正常な神経回路が形成されるように制御している複数のタンパク質の働きを京都大の生沼泉助教(神経科学)のグループがマウスなどを使って解明し、13日付の米科学誌に発表した。

 神経が傷つき神経回路が切れると、複数のタンパク質の働きで、神経細胞の先端にある枝分かれ部分(樹状突起)の伸びが阻害され、神経が勝手に伸びて回路が混線するのを防いでいた。

 ヒトにも同じタンパク質があり、脊髄損傷や脳卒中で神経が損傷すると同じ仕組みが働くとみられ、神経回路を回復する再生医療の開発に役立ちそうだ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.