天気予報を見る
 
新聞購読申込

飲食店従業員の受動喫煙防ごう/換気設備の設置費助成

2011/09/29 19:49

 飲食店や宿泊施設で客が吸うたばこによる従業員の受動喫煙を防ごうと、厚生労働省は29日、店舗や施設内に喫煙室を設けたり、換気設備を設置したりする費用を一部助成する制度を10月1日から始めると発表した。

 2007年の厚労省の調査によると、飲食・宿泊業で全面禁煙にしているのは14%で、28%は対策をしていなかった。厚労省は「コストが高いため対策がなかなか進んでいない。新制度が業界の背中を押すことになれば」としている。

 厚労省によると、新制度は飲食業や宿泊業の中小企業が対象。費用の4分の1を最大200万円まで助成する。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.