天気予報を見る
 
新聞購読申込

がん検査試薬を誤使用の疑い/がんセンター東病院

2011/09/28 12:13

 千葉県柏市の国立がん研究センター東病院=28日午前
 千葉県柏市の国立がん研究センター東病院=28日午前

 千葉県柏市の国立がん研究センター東病院で、がん検査に使う試薬とは別の試薬が使われた疑いがあることが28日、関係者への取材などで判明、柏市保健所が調査を始めた。

 柏市や関係者によると、がんの発生や治療効果を調べる「腫瘍マーカー検査」で、同病院の臨床検査部が2005年から07年にかけ、がん発生時に増加する成分を検出する際、別の成分にも反応する試薬を使用。がんではない患者に、がんの疑いがあると伝えた可能性がある。

 07年に誤使用を把握したが、09年まで試薬を使い続けたという。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.