天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島、一般米の本調査開始/10月上旬まで実施

2011/09/15 11:39

 一般米に放射性物質が含まれていないか検査する福島県の担当者=15日午前、福島県郡山市の県農業総合センター
 一般米に放射性物質が含まれていないか検査する福島県の担当者=15日午前、福島県郡山市の県農業総合センター

 福島県は15日、ことし県内で収穫された早場米ではない一般米に放射性物質が含まれていないか検査する本調査に入った。10月上旬まで順次実施。県はすべての検体が暫定基準値(1キログラム当たり500ベクレル)を下回った市町村ごとに出荷を認める。

 この日、県農業総合センター(郡山市)に持ち込まれたのは喜多方市で収穫された「ヒメノモチ」と「ひとめぼれ」の玄米計4検体。担当者が、異物が混入していないかを調べ、重さを量った上で袋に移し替え、ゲルマニウム半導体検出器で分析。県は16日に検査結果を公表する予定だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.