天気予報を見る
 
新聞購読申込

仏の元閣僚、福島の子どもに憂慮/「許容超えて被ばくでは」

2011/09/01 13:01

 福島県の松本友作副知事(左)と会談する元フランス環境相のコリーヌ・ルパージュ氏=1日午前、福島県庁
 福島県の松本友作副知事(左)と会談する元フランス環境相のコリーヌ・ルパージュ氏=1日午前、福島県庁

 元フランス環境相で欧州議会議員のコリーヌ・ルパージュ氏が1日、福島県庁を表敬訪問し、松本友作副知事と会談、「(福島の)子どもが世界的に認められた許容量を超えて被ばくしているのではないか」と憂慮した。

 松本副知事は「年間20ミリシーベルトという基準を文部科学省はもう少し厳しくした。健康管理にも努めている」と説明。ルパージュ氏は会談後、報道陣に「子どもの被ばくは未来に影響する。これが本当の原子力災害だと思っている」と述べた。

 ルパージュ氏は環境問題を中心に活動する政治家で1995〜97年、フランスの環境相を務めた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.