天気予報を見る
 
新聞購読申込

宮城県が立ち入り調査/ガスト工場と店舗

2011/09/01 13:47

 ファミリーレストラン「ガスト」で食事をした東北4県の14人が細菌性赤痢を発症した問題で、宮城県は1日午後、店舗に食品を提供していた同県大衡村の工場と大河原町の店舗を立ち入り調査した。機器の衛生状況を確認するとともに、店員らへの聞き取りも実施する。

 14人は青森、宮城、山形、福島の11店舗で8月18〜20日に食事したことが判明しており、県は原因となった食材の特定を急ぐ。

 14人が食事したいずれの店舗も大衡村の工場「すかいらーく仙台マーチャンダイジングセンター」で加工した食品を提供しており、県は同工場を8月31日から3日間の営業停止処分としている。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.