天気予報を見る
 
新聞購読申込

09年度医療費地域差が1・6倍/最高は高知、最低千葉

2011/07/29 16:48

 2009年度の国民1人当たり医療費の全国平均は44万5千円で、最も高かった高知県の57万2千円と最も低い千葉県の36万3千円では、1・6倍の差があることが29日までに、厚生労働省の調査で分かった。

 厚労省は「入院費用が高く高齢者が多い地域ほど、医療費も高くなる傾向がある」としている。

 都道府県別でみると、高知に次いで高いのは山口(56万1千円)、広島(55万8千円)など。低い順では、千葉に次いで沖縄(36万9千円)、埼玉(37万円)と続いた。

 後期高齢者医療制度と、74歳以下の自営業者らが加入する国民健康保険の実績を厚労省が合計してまとめた。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.