天気予報を見る
 
新聞購読申込

イオンが浅川町の牛肉販売/1都4県で、管理強化へ

2011/07/16 20:09

 記者会見するイオンリテールの村井正平社長=16日午後、東京都千代田区
 記者会見するイオンリテールの村井正平社長=16日午後、東京都千代田区

 イオンは16日、国の暫定基準値を超える放射性セシウムを含む稲わらを飼料として与えられ、福島県浅川町の畜産農家から出荷された牛5頭分の肉、計約320キロを、東京、千葉、神奈川、石川、静岡の1都4県にあるグループのスーパー計14店舗で販売したと発表した。

 同社は今後、農水省が稲わらの調査を畜産農家に要請している1都10県の肉牛について、仕入れ前の全頭検査を行うほか、直営売り場で販売する和牛に関しては、9月をめどにプライベートブランドに切り替えるなどして管理体制を強化する方針だ。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.