天気予報を見る
 
新聞購読申込

20キロ圏のペット20匹保護/政府、獣医師チームに依頼

2011/07/16 22:18

 福島第1原発から20キロ圏内で保護された雑種の犬=16日午後、福島県川内村
 福島第1原発から20キロ圏内で保護された雑種の犬=16日午後、福島県川内村

 政府の原子力災害現地対策本部の依頼を受けた民間獣医師らのグループ「福島県警戒区域内動物救援獣医師チーム」の約50人が16日、福島第1原発から20キロ圏内に取り残されたペットを飼い主に返すため、路上の犬や猫を捕獲した。

 狂犬病予防法に基づく放浪犬などの保護措置。チームによると、保護したのは犬5匹と猫15匹。けがをしたり弱ったりしているペットはいなかった。スクリーニングした結果、数値は低く除染する必要はなかったという。

 17日も活動を続け、福島県の動物保護施設で伝染病予防のワクチン投与などをした後、県内の動物病院で預かる予定。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.