天気予報を見る
 
新聞購読申込

福島・伊達市、全域で除染へ/計画策定の方針

2011/07/04 11:09

 福島第1原発事故で113世帯が特定避難勧奨地点に指定されるなど市内の一部で放射線量の高い地域のある福島県伊達市が、民家や道路だけでなく山林も含め、市内全域の除染計画を策定する方針を固めたことが4日、市への取材で分かった。

 伊達市の面積は265平方キロメートル。市は4日までに市民の健康管理や放射線の低減を目的に市職員計10人のプロジェクトチームを結成、田中俊一元原子力委員会委員長代理、福島医大の宍戸文男教授の専門家2人にアドバイザーを委嘱した。

 計画策定にあたり、道路や山林などの具体的な除染方法は今後、国や県と検討する。費用は最終的には東京電力に請求する方針。

同じジャンルの記事

注目の情報

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中

顧客管理が簡単にできるASPシステム「クライゼル」を発売中
トライコーン株式会社では、本格的な顧客管理を実施したい法人向けASPサービスクライゼル」を発売しています。CRMもお任せください

詳しく見てみる→

▲このページのトップに戻る
購読のお申込みは0120-084-459

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。 すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.