カロリー摂取、60代が最多/若い世代は20年で減少

2018/09/11 17:04

 

 食事で摂取する1日当たりのカロリー量を20代以上で調べた結果、男女とも60代が最も多かったことが11日、厚生労働省による2017年の国民健康・栄養調査で分かった。20〜40代のカロリー摂取量は20年間で1割前後減少し、朝食を抜くなど食生活の乱れもみられる。同省の担当者は「定年退職し、食事や運動に時間を使う余裕ができた60代が相対的に高くなった可能性がある」としている。

 カロリー量は、タンパク質と脂質、炭水化物の三大栄養素の摂取量から算出した。60代は男性が2218キロカロリー、女性が1794キロカロリー。男性は20代と比べて107キロカロリー多かった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459