関空の連絡橋鉄道、月内再開へ/12日から橋桁撤去、国交相

2018/09/11 12:09

 

 台風21号の影響によるタンカー衝突で道路部分が鉄道線路側にずれた関西空港の連絡橋=11日午前10時17分(共同通信社ヘリから)

 台風21号の影響によるタンカー衝突で道路部分が鉄道線路側にずれた関西空港の連絡橋=11日午前10時17分(共同通信社ヘリから)

 石井啓一国土交通相は11日の記者会見で、台風21号の影響によるタンカー衝突で損傷した関西空港の連絡橋の鉄道運行を月内にも再開できるとの見通しを示した。当初は10月上旬を目指していたが、12日に道路部分の橋桁撤去を始め1週間程度の前倒しが見込めるという。

 関空では4日、連絡橋の道路部分にタンカーが衝突、橋桁が並行する鉄道の線路側にずれたため電車の走行を妨げている。撤去作業は橋桁をクレーンでつり上げ14日の完了を目指す。

 浸水の影響で使用できなくなっているA滑走路については、第1ターミナル南側の施設とともに週内に暫定的運用を始める方針も改めて強調した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459