大谷、2度目の週間MVP/打者専念で4本塁打の活躍

2018/09/11 06:08

 

 ホワイトソックス戦の3回、右中間に3試合連続本塁打となる19号3ランを放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)

 ホワイトソックス戦の3回、右中間に3試合連続本塁打となる19号3ランを放つエンゼルス・大谷=シカゴ(共同)

 【アナハイム共同】米大リーグ機構は10日、週間MVP(3日〜9日)を発表し、ア・リーグはエンゼルスの大谷翔平選手が2度目の受賞を果たした。

 右肘靱帯に新たな損傷が見つかってからは打者専念で出場。4日から3試合連続本塁打を放ち、メジャー1年目の日本選手では最多となる19号を放つなど、打率4割7分4厘、4本塁打、10打点、2盗塁をマークした。

 大谷は4月に投打の「二刀流」選手として初受賞。23歳9カ月は日本勢の最年少で、メジャー1年目の4月上旬の選出も最速だった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459