北海道地震「節電2割」達成困難/状況次第で計画停電も

2018/09/10 23:00

 

 JR札幌駅に張り出された節電に関する掲示=10日午前

 JR札幌駅に張り出された節電に関する掲示=10日午前

 北海道の地震による電力供給不足を補うため、道内では10日、平常時より2割節電する取り組みが一斉に始まったが、目標達成には厳しい状況が続いた。北海道電力は企業や住民に協力の継続を要請。地域を区切り電力供給を順番に止める計画停電も検討しており、節電状況を踏まえて判断する。経済産業省は同日、計画停電を12日も実施しない予定と発表した。

 一方、道は10日、苫小牧市の男性(56)の死亡が確認されたと明らかにした。死者は計41人となった。8日に自宅で大量の本の下敷きになって倒れているのが見つかり、死因などを調べた結果、地震の影響で亡くなったと10日に特定された。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459