テニス、大坂は自己最高の7位/日本女子、歴代2番目

2018/09/10 13:12

 

 全米オープンテニスの女子シングルス初制覇から一夜明け、記念撮影に応じる大坂なおみ=9日、ニューヨーク(共同)

 全米オープンテニスの女子シングルス初制覇から一夜明け、記念撮影に応じる大坂なおみ=9日、ニューヨーク(共同)

 【ニューヨーク共同】女子テニスの10日付世界ランキングが発表され、全米オープンで初優勝した大坂なおみ(日清食品)は19位から自己最高の7位に大きく浮上した。日本女子では1995年の伊達公子の4位に次いで歴代2番目。

 1位シモナ・ハレプ(ルーマニア)、2位キャロライン・ウォズニアッキ(デンマーク)は変わらず、アンゲリク・ケルバー(ドイツ)が3位に上昇。全米の決勝で大坂に敗れたセリーナ・ウィリアムズ(米国)は26位から16位に上がった。

 奈良くるみ(安藤証券)は99位から118位に後退した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459