死者40人、捜索を終了/安否不明者なくなる、北海道地震

2018/09/10 11:20

 

 最後まで安否が分からなかった男性が見つかった幌内地区の土砂崩れ現場で作業する消防隊員ら=10日午前9時48分、北海道厚真町

 最後まで安否が分からなかった男性が見つかった幌内地区の土砂崩れ現場で作業する消防隊員ら=10日午前9時48分、北海道厚真町

 北海道地震の主な被害

 北海道地震の主な被害

 最大震度7を観測した北海道の地震で、道は10日、死者は40人になり、安否不明者はいなくなったと発表した。不明者の捜索が続いていた厚真町は、捜索を終了したと明らかにした。道内では電力の供給不足を補うため、節電の取り組みが本格化。北海道電力は、地震前の需要ピーク時に電力供給力が追いついていないとして、計画停電も検討している。官公庁や公共交通機関は、照明の減灯や運行本数の削減などを始める。

 厚真町の死者は36人で、札幌市、苫小牧市、むかわ町、新ひだか町で各1人。同日午前10時現在で避難者は約2700人、断水は約8千戸。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459