パリ協定の実施ルールで対立残る/国連気候変動会議が閉幕

2018/09/09 22:18

 

 パリ協定の実施ルール作りを議論した国連気候変動枠組み条約の特別作業部会=9日、バンコク(共同)

 パリ協定の実施ルール作りを議論した国連気候変動枠組み条約の特別作業部会=9日、バンコク(共同)

 【バンコク共同】地球温暖化対策のパリ協定の詳しい実施ルールを議論したタイ・バンコクでの国連気候変動枠組み条約の特別作業部会が9日、閉幕した。発展途上国への資金支援の在り方など多くの論点で対立が解けず、交渉期限の12月の同条約第24回締約国会議(COP24)に向け懸念が広がった。

 対立が先鋭化すれば、パリ協定が始まる2020年までのルール作りが間に合わない恐れがある。条約のエスピノサ事務局長は記者会見で「この会議では議論の進展は限定的だった。COP24で作業を加速し、合意に向けた政治的意思を強める必要がある」と述べた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459