首相、北海道の土砂崩れ現場視察/予備費5億円支出決定へ

2018/09/09 19:41

 

 北海道厚真町の土砂崩れ現場を訪れ、説明を受ける安倍首相(中央)=9日午後(代表撮影)

 北海道厚真町の土砂崩れ現場を訪れ、説明を受ける安倍首相(中央)=9日午後(代表撮影)

 安倍晋三首相は9日、北海道を訪問し、最大震度7を観測した地震の被災地を視察した。多くの犠牲者が出た厚真町の土砂崩れ現場で黙とう。安平町で意見交換した高橋はるみ知事から激甚災害の早期指定などを求める要望書を手渡され「被災者の生活支援に全力で当たる」と強調した。帰京後、官邸で開いた関係閣僚会議で、復旧財源として2018年度予算の予備費から5億4千万円の支出を10日に決めると表明した。

 首相は閣僚会議で、被災自治体への普通交付税の繰り上げ交付に向けた迅速な対応を指示。「自治体が財政上安心して復旧に取り組める態勢づくりが重要だ」と述べた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459