岐阜の養豚場で豚コレラ/92年以来、6百頭を殺処分

2018/09/10 06:37

 

 豚コレラのウイルス感染が確認された養豚場で、殺処分の準備をする関係者=9日午前8時4分、岐阜市

 豚コレラのウイルス感染が確認された養豚場で、殺処分の準備をする関係者=9日午前8時4分、岐阜市

 岐阜県は9日、岐阜市の養豚場で死んだ豚を検査し、豚コレラのウイルスが検出されたと発表した。県によると、養豚場では3〜8日に計約80頭が死亡。豚コレラはアジアを中心に発生しているが、国内では熊本県で1992年に5頭への感染が確認されて以来となる。残る610頭の殺処分は9日午前に始まり、10日早朝に完了した。農林水産省は豚肉の輸出を停止した。

 豚やイノシシ特有の病気で人には感染せず、感染した豚の肉を食べても影響はない。今回の感染ルートは不明。

 県によると、養豚場で3日に1頭が急死。県の簡易検査では確認できなかったが、国の精密検査で9日早朝、感染が判明した。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459