ネパールでヘリ墜落、邦人死亡/67歳男性、マナスル目指す

2018/09/08 21:32

 

 ネパール・カトマンズ、ゴルカ

 ネパール・カトマンズ、ゴルカ

 【ニューデリー共同】ネパールの首都カトマンズ近郊で8日、乗客6人と操縦士が乗っていたとみられるヘリコプターが墜落した。警察当局などが現場で日本人男性1人を含む5人の遺体を発見し、在ネパール日本大使館に連絡した。大使館によると、男性は小松広美さん(67)。

 神奈川大のOBらでつくる「学士山岳会」の関係者らによると、小松さんは同会の登山隊メンバーとして、ヒマラヤ山脈のマナスル(8163メートル)登頂を目指していた。

 登山隊から8日、学士山岳会関係者に、小松さんが高山病にかかり、治療のためカトマンズにヘリで搬送される途中、ヘリとの連絡が途絶えたと連絡があった。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459