死者18人、心肺停止2人/安否不明19人、懸命の捜索

2018/09/08 00:13

 

 地震による土砂崩れなどで倒壊した家屋の周辺で、暗くなっても安否不明者の捜索を続ける自衛隊員ら=7日午後5時57分、北海道厚真町吉野地区

 地震による土砂崩れなどで倒壊した家屋の周辺で、暗くなっても安否不明者の捜索を続ける自衛隊員ら=7日午後5時57分、北海道厚真町吉野地区

 北海道は7日夜、最大震度7を観測した地震で、死者18人、心肺停止2人、安否不明は19人、けが人は約390人に上ったと発表した。安否不明はいずれも厚真町で、道警と消防、自衛隊、海上保安庁は7日、同町の大規模な土砂崩れ現場を中心に懸命の捜索を続けた。

 政府は7日、大規模な停電に関し、8日中にほぼ解消できるとの見通しを明らかにした。

 首相は新千歳空港について「国内線の大部分と国際線の全便が、あす再開する予定だ」と話した。

 警察などは夜通しで捜索を続けてきたが、大雨が予想される天候を考慮。自衛隊を除いて7日午後11時にいったん終えた。8日午前9時から再開する。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459