政府、北海道地震の死者数を訂正/心肺停止者を計上、官房長官謝罪

2018/09/07 19:50

 

 土砂崩れで倒壊した建物周辺を捜索する警察官ら=7日午前8時26分、北海道厚真町(共同通信社ヘリから)

 土砂崩れで倒壊した建物周辺を捜索する警察官ら=7日午前8時26分、北海道厚真町(共同通信社ヘリから)

 記者会見する菅官房長官=7日午後、首相官邸

 記者会見する菅官房長官=7日午後、首相官邸

 菅義偉官房長官は7日午後の記者会見で、北海道で最大震度7を観測した地震に関し、政府が午前に発表した死者数16人を死者9人と心肺停止7人と訂正し、謝罪した。集計段階で心肺停止者をまとめて死者数に計上していたのが理由だという。集計を担当した内閣官房によると、死者数の中に心肺停止者を含んでいると認識していたが、まとめて死者数に計上し、報告していた。

 安倍晋三首相は7日午前の関係閣僚会議で「今回の地震でこれまでに16人の方が亡くなられた」と説明した。菅氏も午前の会見で「人的被害は16人と報告を受けている」としていた。

記事本文へ
 
 

SHIKOKU NEWS 内に掲載の記事・写真の無断転載を禁じます。
すべての内容は日本の著作権法並びに国際条約により保護されています。

Copyright (C) 1997- THE SHIKOKU SHIMBUN. All Rights Reserved.
購読のお申込みは0120-084-459